MENU

ラグビーの各種キックのコツ

ひと口にラグビーのキックといっても様々な種類があり、状況によって使い分けします。
ここではそんな実戦で活かせるラグビーのキックコツについてお伝えしています。上達して試合で活躍する為の参考になれば幸いです。

ラグビーの各種キックのコツ記事一覧

ラグビーのプレースキックが上手く蹴ることが出来ていますか?プレースキックとは、ご存じのようにキックオフ、トライ後のゴール、ペナルティーキックやタッチ狙いなどで、ボールを地面に縦に置いて蹴りますね。そして、一人で蹴るのでチームに1人から2人の担当のキッカーを置いているのが殆どで、バックスの選手が担うことが多いです。また、得点を得るなどの緊張する場面で蹴ることが多くなるので、心理的プレッシャーがそれだ...

ドロップキックの蹴り方をご存じですか?ドロップキックは、地上にいったんボールを落下させてバウンドの跳ね返りの瞬間をとらえてキックするプレーですね。その為、ピッチのコンディションの影響なども受けるので、それだけ難しいキックとも言えるかもしれません。まずは、分かりやすいドロップキックの蹴り方の動画を見つけたので、参考に見て下さい。↓↓ドロップキックでゴールが決まると3点が入り、相手の一瞬の隙をついて決...

パントキックが上手く出来ますか?相手の後方で、狙った箇所に落としたり、滞空時間の長い高いボールを蹴って、味方が押し上げる時間を稼ぐハイパントは、落ちてきたボールを奪うことが出来れば、大きなチャンスにも繋がりますね。また、ピンチにボールをタッチラインの外に出すことをねらって蹴るタッチキックにもパントキックを使い、陣地を挽回させる際にも使います。そんなパントキックの蹴り方は、持ったボールをそのまま真下...

ラグビーにおいて、スタンドオフ(SO)、ウィング(WTB)、センター(CTB)、フルバック(FB)といったバックスの選手にとってキックの基本となるのがドロップパントの蹴り方ですね。ドロップパントはボールをキャッチして、そのままボールを落として、地面につけずに、真っ直ぐに足を振り抜いて蹴るキックなので、距離感覚が身につけることが出来ます。遠くに蹴る時には、足を大きく振り抜き、自陣22メートルの外を狙...

ブレスキックの際のボールの置き方はどのようにしていますか?ラグビーボールは楕円形ということもあり、蹴る角度が少しでも変わってしまうと、ボールを蹴る最適な位置も変わってしまうものですね。と言う事は、蹴りたい部分で蹴れなくなってしまうということですので注意が必要です。その為、狙い通りにボールを蹴り飛ばすには、ボールの置き方がとても重要になってくるのです。そして、ラグビーの場合はHポールを通ればいいので...

ラグビーのキックで、狙ったポイントに向けてヒットする、蹴り脚だけに意識を向けていませんか?実はラグビのキックは、逆側の軸足の使い方が大切なんですね。まずはプレースキックのお手本とも言うべき、五郎丸選手の動画をご覧下さい。↓↓動画にもあるように五郎丸選手のプレースキックの軸足の使い方を注意深く見てみると、軸足のつま先の角度を変えないで蹴っていることが分かりますね。このことから蹴る瞬間にボールに全ての...

チップキックが上手く出来ますか?ラグビーで相手ディフェンスが迫ってきて、その前方にスペースがある時には、相手の背後を狙って蹴るチップキキックが効果的ですね。走りながらパスをするように見せかけて、素早くキックに切り換え、前に蹴り出したボールを自ら走って追うようになるので、キャッチしやすい回転で蹴ることが大切でしょう。ですが、相手にチャージされてボールを奪われてしまと、逆にピンチを招いてしまうので、相...

ラグビーのスクリューキックの正しい蹴り方が出来ていますか?タッチキックやエリアを回復させる時に良く使われ、ボールに回転をかけることで飛距離も伸ばすことができますね。とは言え、全然遠くに飛ばないなど、スクリューキックがなかなか上手く蹴れないという選手も少なくありません。特に、ボールに回転をかけようとして、蹴り足を外から内側に巻き込むように蹴る選手もいますが、これでは飛距離も出ず遠くに蹴ることは出来ま...

ハイパントの蹴り方が上手く出来ますか?滞空時間の長いキックを蹴って、味方が押し上げる時間を稼ぐのがハイパントですね。落ちてきたボールを奪うことが出来れば、自チームの大きなチャンスにも繋がります。そんなハイパントの蹴り方は、手に持ったボールを高い位置から落とし、ボールが地面に着く前にすくい上げるように蹴ります。ボールは胸の前で構えて、高い位置から真下にボールを落とし、それを足の甲に乗せるような感じで...

ラグビーの前半後半の試合の開始や、トライの直後のゲームの再開に行われるキックオフを上手く出来ていますか?特にスタンドオフを務める選手なら、精度の高いキック出来るようになりたいものですね。開始時はハーフウエイラインの中央の地面にボールを置いて蹴るプレスキック、相手側の得点後の再開時はドロップキックでキッカーは蹴ります。また、キックオフはそのチームの次の展開などを考えて蹴る方向を選択します。例えば、相...

タッチキックを上手く蹴ることが出来ていますか?自陣22メートル内は、相手にトライされるなど一気にピンチを招く可能性があるので、スクラムやラインアウトなどからボールが出たら、陣地を挽回することを第一に考えて、タッチキックでボールを外に出すのがセオリーです。主にスタンドオフ(SO)の役割ですが、その際のタッチに蹴り出すドロップパントの精度の悪さは、機動力がある強力なフォワードがいたとしても、好機を潰し...

ボールを転がすグラバーキックが上手く出来ますか?ラグビーのグラバーキックは、ディフェスラインの間を抜いて味方をを走らせたり、ダイレクトにタッチに出せない時などに、ボールを転がして陣地を進めたりする際に使いますね。その為、ゴロで遠くに飛ばすためにボールに縦に前回転をかけるのがグラバーキックの基本で、蹴り方のコツは最も力が伝わる体の軸の上でキックすることです。もちろん、蹴る前のボールを落とす場所は下目...

ラグビーでは、スピードのある選手を活かすキックを上手く出来れば、チームにとって非常に効率のいい攻撃が出来ますね。と言うのも、相手のディフェンスラインが上がってきた際に、その背後に出来るスペースにボールを蹴り、味方がそのボールを追ってキャッチしトライをするというのがキックを使った攻撃では有効な戦術の一つになるからです。そして、敵がいないエリアにボールを送る時には、山なりやライナー性、地面に転がるボー...

ペナルティキックは勝負を決めるカギとなる場合も多いですね。ラグビーの試合で、反則を受けた後のゲームの再開方法には、キック、スクラム、ラインアウトを選ぶ局面があります。スクラムからのプレーでトライが出来れば5点、更にコンバージョンゴールが決まれば2点になり、最大で7点が入ります。何を選ぶかは、点差、残り時間、敵陣にいるか、人数などの反則を受けたそのチームの置かれた状況によって違ってきますが、戦術のひ...