MENU

ペナルティキックは勝負を決めるカギになる

ペナルティキックは勝負を決めるカギとなる場合も多いですね。
ラグビーの試合で、反則を受けた後のゲームの再開方法には、キック、スクラム、ラインアウトを選ぶ局面があります。

 

 

スクラムからのプレーでトライが出来れば5点、更にコンバージョンゴールが決まれば2点になり、最大で7点が入ります。
何を選ぶかは、点差、残り時間、敵陣にいるか、人数などの反則を受けたそのチームの置かれた状況によって違ってきますが、戦術のひとつとして得点の可能性の高いプレーを冷静に判断することが大切になってきます。

 

 

例えば、ラグビーブームを起こした2015年に行われたワールドカップでの日本VS南アフリカ戦を覚えていますか。
29対32で迎えた試合終了直前に、日本は相手のゴール前でペナルティを獲得しました。

 

 

ペナルティキックかスクラムの選択肢がある中で、日本は同点の3点となるキックではなく、トライによる逆転を狙ってスクラムを選び、勝利を得ました。
これはラストプレーだったことや、敵陣のゴール前にいたこと、更には相手のフォワードの1人が退出していた為に、逆転が可能と判断したからです。

 

 

このように日本の南アフリカ戦の勝利は、トライに繋がるスクラムの選択が勝負の分かれ目になりましたが、なかなかトライが決められない拮抗した試合で確実に点を取りたい時には、リスクを冒さずにペナルティキックを選ぶことが多いです。

 

 

したがって、試合で勝つ為に必要な強いチームに無くてはならないものは、優れたキッカーをもつことでしょう。
15人全員で奪ったトライ後のコンバージョンでの得点力、ペナルティキックのチャンスを活かす加点力は欠かせません。

 

 

チームを勝利に導く正確無比なキックを習得する方法

 

ラグビー・キック上達革命DVDの詳細を見てみる