MENU

チップキックのコツ

チップキックが上手く出来ますか?
ラグビーで相手ディフェンスが迫ってきて、その前方にスペースがある時には、相手の背後を狙って蹴るチップキキックが効果的ですね。

 

 

走りながらパスをするように見せかけて、素早くキックに切り換え、前に蹴り出したボールを自ら走って追うようになるので、キャッチしやすい回転で蹴ることが大切でしょう。
ですが、相手にチャージされてボールを奪われてしまと、逆にピンチを招いてしまうので、相手に見抜かれないようにコンパクトなキックモーションで蹴ることが必要です。

 

 

この時に、相手に対して体が横に流れてしまって蹴ると、素早く前に自分が走ることが出来なくなるので、それだけ相手に奪われる可能性が高くなってしまいます。
その為、相手の正面に向かいながら、ボールの底を蹴るのがコツで、ボールを手から離して蹴る時に、低い位置で離すほうが相手に読まれにくいでしょう。

 

 

また、走りながらパスからキックに切り換える時に、相手との間合いがチップキックの成否に大きく関わってきます。
あまり相手から遠いとボールに追いつけませんし、かといって近すぎても蹴る動作時にタックルを受けてしまいますので、目安としては5m前後でしょう。

 

 

更に、パスを受ける前に相手の陣形などを確認しておくことも必要ですね。
ただ、キックのボールの軌道が低く過ぎると、相手にチャージされてボールを奪われてしまうので、相手が捕れないような角度で頭上を越えるようにボールを蹴り、素早く相手の背後のスペースに走り込みましょう。

 

 

いずれにしても、チップキックは、走っているところに当てるイメージを持つことが大切で、当然のことですが、減速しないようにすることも重要です。
なお、ディフェンスの頭上を蹴るだけでなく、相手との間合いがあいているようなら、ボールを転がしてスペースを突く方法もあり、相手の予測を難しくすることにおいてチップキック非常に有効な技術と言えるので、この機会にしっかりマスターしましょう。

 

 

この元・日本代表、現・日本代表コーチ栗原徹監修のラグビー・キック上達革命DVDでは、ボールを蹴る足の角度、位置などはもちろん、蹴った後のボールの再獲得を重視した、成功率の高いチップキックを蹴れるようになるための足の力をコントロールするテクニックが映像で分かりやすく解説してあります。

 

更に、ディフェンスのかわし方についても学べるので、しっかり実践すれば試合で使える大きな武器になるでしょう。

 

成功率の高いチップを蹴るためのコツをお教えします!

 

ラグビー・キック上達革命DVDの詳細を見てみる