MENU

キックのルール

ここではラグビーの試合に勝つ為に知っておきたい、キックのルールについてまとめています。

キックのルール記事一覧

ペナルティキックのルールをしっかり把握していますか?危険なタックルやオフサイドなどの重い反則があった時に、されたチームに与えれるのがペナルティキック(PK)ですね。キッカーは誰でも良く、キックする位置は審判が指定する地点、もしくはそこからタッチラインと平行な後方線上であればどこから行っても構いません。パント、ドロップ、プレースキックのどの方法でもOKで、蹴ったボールを自らが扱かうことも出来ます。一...

ラブビーでは、お互いが何度もキックでボールを蹴り合いをすることがありますね。攻撃の起点となるのはスクラムやラインアウトなどのセットプレーですが、そうした型がない状況からの攻撃の一つに、相手の蹴ったボールを受けるキックレシーブからのアタックがあります。ラグビーでは、1チームが試合でおよそ20〜30回くらいのキックを使うので、そのチャンスを如何に活かせるかが勝敗に大きく影響してきます。実際に、トライを...