MENU

コンテストキックで一気にトライへ

ラグビーで労力をかけずにトライを狙うのに有効なのがコンテストキック。

 

ボールをキャッチして一気にトライをとることを狙っておこなう為、相手と競い合う攻撃的なキックと言えます。

 

最近よく見かけるようになったのが、スクラムハーフ(SH)1から狭いサイド側のブラインドへのハイパントキックです。

 

 

そのボールを身長が高い選手がいてキャッチ出来れば一気にチャンスが広がります。

 

もちろん、スタンドオフ(SO)から広いオープンサイドへの杯パンとキックもあります。

 

これらのキックは、例え相手にキャッチされたとしても、狙って蹴っているので、キックした直後に味方がタックルして相手のボールを奪うターンオーバーを踏まえておこなっています。

 

 

ボールをすぐに奪い返すことができれば、ビッグチャンスになるからです。

 

いずれにしても、コンテストキックは労力をかけずにトライを狙うには有効な手段の一つです。

 

ちなみに、スクラムハーフ(SH)から渡されたボールを、相手やスペースを見て、パスやキック、ランの中から最適なプレーを判断し、ゲームをコントロールする司令塔がスタントオフ。

 

 

海外ではスクラムハーフがキックを多く蹴るため、フライハーフとも呼ばれることもあります。

 

プレースキックを担当する選手も多く、背番号10を背負う選手のできはチームの勝利に直結するので、しっかりキックのスキルも磨いておきましょう。

 

ラグビー・キック上達革命DVDの詳細を見てみる