MENU

タッチキックの蹴り方のコツ

タッチキックを上手く蹴ることが出来ていますか?
自陣22メートル内は、相手にトライされるなど一気にピンチを招く可能性があるので、スクラムやラインアウトなどからボールが出たら、陣地を挽回することを第一に考えて、タッチキックでボールを外に出すのがセオリーです。

 

 

主にスタンドオフ(SO)の役割ですが、その際のタッチに蹴り出すドロップパントの精度の悪さは、機動力がある強力なフォワードがいたとしても、好機を潰してしまったり、逆に相手にボールを奪われてしまい、失点を許してしまいかねません。

 

 

その為、相手にトライされる可能性が高い危険地帯では、全員がタッチキックでボールを外に出せるようにしておかなければいけませんね。

 

 

そんな自陣22メートル内から、なるべく遠く飛ばすタッチキックの蹴り方のコツとしては、ボールを落とす位置をやや右足寄りにして、一番飛んでいく角度で落とします。
ですが、体の中心で落としてしまうと、ボールを蹴ろうとして体が回ってしまい、遠くに蹴るどころか、左に飛んでしまいます。

 

 

また、ボールを落とす位置が近すぎたり上過ぎるとボールは遠くに飛ばないので、タッチに蹴るなら自分にとって最も遠くにボールを飛ぶ角度はどこかを考えて蹴っていくことで、落とす場所も次第に分かってくる筈です。

 

 

そして、軸足はしっかり固定して、蹴り足はムチがしなるように蹴りましょう。
この時のインパクトの瞬間は、足首をしっかり固定してボールを捉えて、フォロースルも大きくすることで、遠くへ蹴ることが出来るでしょう。

 

 

なお、自陣22メートル外からワンバウンドかツーバウンドくらいで蹴り出すタッチキックは戦術的にも大切ですね。
蹴り方そのものは他のキックと同様ですが、低い弾道にする為に、蹴る前のボールを落とす位置はやや下にして、押し出し気味に蹴るのがコツです。

 

 

元・日本代表、現・日本代表コーチ栗原徹監修のラグビー・キック上達革命DVDでは、蹴り足からの着地、インパクトの瞬間の軸足、フィニッシュの3点を意識するポイントやコツが学べます。
これにより蹴る姿勢が良くなり安定してタッチキックも蹴れるようになれるでしょう。

 

ドロップパントが苦手な選手が勘違いしているポイントとは?

 

ラグビー・キック上達革命DVDの詳細を見てみる