MENU

ゴールキックのルーティン

ゴールキックを確実に決めることが出来ていますか?
ラグビーのゴールキックは、試合中でのプレッシャーが多くかかった場面で蹴るようになるので、普段と同様に蹴ることがポイントです。

 

 

それには、ボールの置き方から毎回決まった手順や動作を行う自分なりのルーティンを作ることです。
これは五郎丸選手の活躍で知られるようになりましたが、安定したキックを蹴るためには大切です。

 

 

そんなゴールキックの準備としては、プレースキックで狙う場合は、キック用のティや砂などを使用してボールを安定させます。

 

 

この時には、ボールの縫い目をティの中央に合わせ、ターゲットに向けます。
また、自分のキックの特徴を見極めてボールの置く角度変え、真っ直ぐにボールが回転するようにしましょう。

 

 

そして、ボールを置いたら軸足をどこに置くかしっかり確認し、ボールがこういう風な軌道で入るというようなイメージをします。
それが済んだら助走に入るために、前を向きながら後ろにステップバックをします。
この時には、何歩で蹴るのが最もやりやすいのか、何回も試してみましょう。

 

 

更に、自分のキックの軌道なども考慮して助走に入る方向を変えます。
真正面に立ちすぎると足が詰まってしまいますし、横に立ちすぎてしまうと角度がつきすぎて蹴るようになってしまいます。

 

 

その為、個人差があるでしょうが斜め45度くらいの方向から助走して蹴るのがいいでしょうね。
そうすれば、CシェイプとJシェイプの良いとこどりが出来ると思います。

 

 

したがって、一連のゴールキックの流れとしては、ボール、軸足をセットし、自分の決めたターゲットを見て、ボールの入る軌道をイメージし、自分の決めた歩数ほど後ろに下がります。

 

 

また、蹴る方向にも目標を探し、ズレていたら修正しましょう。
これが一連のゴールキックのルーティン、準備です。
これをしっかりやって、距離があるなど、どんな状況でも同じようにゴールキックが蹴れるようになりましょう。

 

 

この元・日本代表、現・日本代表コーチ栗原徹監修のラグビー・キック上達革命DVDでは、自己流のボールの置き方からキックまでを体系立ててポイントやコツ、練習方法が映像で分かりやすく解説してあるります。

 

強さと精度を兼ね備えたゴールキックの効果的な習得法とは?

 

ラグビー・キック上達革命DVDの詳細を見てみる